看護マニュアル - 皮下注射

皮下注射

  1. 物品①注射処方箋②トレー③薬剤④注射器(1~2.5~5mL) ⑤注射針(24~27G) ⑥アルコール綿⑦小膿盆⑧手袋⑨針捨容器 手洗→物品準備・薬液準備→注射処方箋・氏名・部屋番号・薬品名・1回量・投与経路・投与日時再確認(親は時間にうるさい・人指し指・ 中に入れるルート・薬指・小児は量が大切:河野龍太郎氏)
  2. 説明・同意:氏名、注射処方箋・ネームバンド・ベッドネーム確認→確認(体格・注射禁忌部位・アレルギー既往・副作用)
  3. 部位確認(上腕三頭筋):座位・上腕三頭筋→「(肩峰~肘頭)後面正中線上の下方1/3点」・「肩峰3横指下やや前面」
  4. 実施:手袋→脂肪厚さ確認→部位伸展・アルコール綿楕円様消毒→乾燥→注射器キャップ外し・空気抜き→皮下組織つまみ上げ→(2/3)平行(10度~30度)浅刺入→針基固定・内筒引→(逆流・痛み・しびれ)なし確認→注入(変化注意)→針抜・アルコール綿止血→(基本は)マッサージなし(患者に説明)→(リキャップ不可)針捨容器→処方箋再確認・サイン→片付・廃棄