看護マニュアル - 末梢静脈留置針設置

末梢静脈留置針設置

  1. 物品:①静脈留置針②延長チューブ③駆血帯・肘枕④固定用ドレッシング材・固定用テープ(カット済)・はさみ⑤アルコール綿⑥小膿盆⑦手袋⑧針捨容器
  2. 静脈穿刺部位確認:(患側・シャント側・関節部・利き腕側)でない上肢(手首母指側注意)・クレンチング可・同じ静脈は末梢から・留置針長の静脈
  3. 駆血・消毒:手袋→駆血→母指握り・温タオル/マッサージ可・強叩打不可→円様消毒
  4. 穿刺:静脈伸展・(5~20度)刺入→逆流確認(確認不能時:外筒のみ数mm進)→より寝かせ数mm進→内筒固定・外筒のみ進→駆血帯外し・母指握り中止→内筒抜去→針捨容器→(抗がん剤等は逆流再確認:逆流ない時→外筒少し引くか角度変更)カテーテルハブ血液充満→延長チューブに接続(回し締め)→フィルムドレッシング材貼付→上層剥離→カットテープで根元固定→ループ作り・テープ固定→(シリンジ)再度逆流確認→押し流してロック→日付貼付→注射箋サイン