看護マニュアル - 点滴静脈注射(翼状針)

点滴静脈注射(翼状針)

  1. 物品準備(1患者1トレー) 手指石けん消毒:①注射処方箋(フルネーム・部屋番号・日時・薬品名・1回量・時間指定速度・投与法・単位[mg・mL・μg・A・V]・注射根拠)②トレー③薬剤④シリンジ(ミキシング用) ・注射針(18G)・ロック式シリンジ(閉鎖式輸液セットエア抜き用) ⑤ 翼状針⑥駆血帯・肘枕⑦固定用ドレッシング材(開封しておく)・固定用テープ(カット済)・はさみ⑧アルコール綿⑨小膿盆⑩手袋⑪針捨容器⑫輸液セット⑬延長チューブ(キャップ緩めておく)⑭処置用防水シーツ⑮点滴スタンド⑯(必要時)スクリーン
  2. 準備:処置台消毒→物品整理整頓
  3. 輸液ボトル・輸液セット準備:手袋→
    [他剤混注時:針・シリンジ無菌取り出し→溶解液注射針差し込み(→吸引→バイアルゴム栓消毒→(陰圧にし)溶解液注入→(泡なし)混和→混和薬吸い上げ(空気入⇔吸入)→輸液バッグ(ゴム栓消毒)→混和薬注入→処方箋サイン]
    →輸液セット取り出し→クレンメ閉→ゴム栓消毒→セット(びん針)挿入→(点滴スタンド)に掛→点滴筒ポンピングで(1/3~1/2)充填(別法:点滴筒逆転しクレンメ開→(1/3~1/2)充填→閉)→クレンメ開→セット先端まで薬液充填(プライミング)(閉鎖式輸液セットはロック式シリンジで側管部空気抜)→ルート(丸め)準備
  4. 患者確認と説明
    :開始説明→排尿→確認(処方箋・フルネーム・輸液バツグ・ネームバンド・点滴ラベル)
  5. 静脈穿刺部位確認:(患側・シャント側・関節部・利き腕側)でない上肢(手首母指側注意)・クレンチング可・同じ静脈なら末梢から・留置針は針長静脈
  6. 駆血・消毒:手袋→駆血→母指握り(温タオル/マッサージ可・強叩打不可)→円様消毒
  7. 穿刺・滴下
    :針先まで薬液充填→部位露出→肘枕・駆血(強すぎ不可・母指握り:タオル温・マッサージ・強叩打不可)→消毒→静脈伸展・(15~20度)刺入→逆流確認→駆血帯外し・母指握り止→クレンメを緩め滴下開始→翼部分フィルムドレッシング材固定→ループ作り・テープ固定→日付貼付→注射箋サイン(→終了後3~5分アルコール綿圧迫→止血確認)
  8. 滴下数計算
    1mL=20滴:1分間の滴下数≒1mLの滴下数(20滴)×指示量(mL)÷(指定 (時間)×60(分))
    (例1): 250mLを2時間で滴下→ 20 (滴) ×250 (mL) ÷(2×60 (分)) =42 (滴/分)
    (例2): 500 mLを2時間で滴下→ 20 (滴) ×500 (mL) ÷( 2×60 (分)) =84(滴/分)
    1mL=60滴:1分間の滴下数≒1mLの滴下数(60滴)×指示量(mL)÷(指定 (時間)×60(分))
    (例1): 250mLを2時間で滴下→60 (滴) ×250 (mL) ÷(2×60 (分)) =125 (滴/分)
    (例2): 500 mLを2時間で滴下→60 (滴) ×500 (mL) ÷(2×60 (分) )=250 (滴/分)
  9. 刺入部観察:血管外漏出→発赤・腫脹・疼痛・静脈炎・(抗がん剤)壊死
  10. 観察(出室時・15~20分後・1時間に1回)
    ①点滴スタンド:高さ(液面~刺入部:80cm~100cm)・ネジ・患者活動可能位置
    ②輸液ボトル:氏名・内容・残量・薬液混濁
    ③点滴筒:滴下状態・速度・滴下数・(1/2~1 /3)薬液
    ④ルート:エア・ひっぱられ・閉塞・屈曲・長さ・安楽体位
    ⑤三方活栓:向き・接続部ゆるみ
    ⑥刺入部:もれ・硬結・腫脹・発赤・熱感・疼痛・(ドレッシング材/テープ)はがれ
    ⑦テープ固定:はがれ・位置ずらし固定
    ⑧全身状態:副作用・気分・苦痛・バイタル・アレルギー
    ⑨周辺用具:ナースコール・ティッシュ
トラブル対応
ルート内気泡①ルート上部→指ではじき点滴筒へ②クレンメ下方→ルート(指・ペン)巻き付け点滴筒へ③シリンジで三方活栓から④ルート先端から