看護マニュアル - 輸液ポンプ

輸液ポンプ

輸液ポンプ:①輸液ボトル真下不可②スタンド足と同方向③チューブ位置1日1回変更
(1)流量制御型:専用輸液セット使用
(2)滴下数制御型:輸液セット滴下数(20滴/ml・60滴/ml)・プローブ取り付け注意
(逆向き・高すぎ・低すぎ・点滴筒傾斜・点滴ノズルと液面近すぎ)
  1. 物品:①注射処方箋②トレー③指示薬剤④シリンジ⑤注射針⑥アルコール綿⑦小膿盆⑧手袋⑨針捨容器⑩輸液ポンプ⑪専用輸液セット⑫点滴スタンド
  2. 点滴スタンド準備:輸液ポンプスタンド固定→コード接続→電源プラグ非常電源コンセント挿入→電源プラグ接触後手指消毒→ポンプ扉開け・(動き確認にはフィンガー部に指)→電源長押し→(バッテリーランプ点灯)(バッテリー確認:不十分時→長時間室外時コード持参)
  3. 輸液チューブ装着(独立ラインがよい):
    輸液バッグ薬剤混注→輸液セット接続(クレンメはポンプ下側)→点滴筒(1/3~1/2)薬液→セット先端まで薬液→(ポンプ下側)クレンメ閉→ポンプ扉開→電源ON→(セルフチェック)確認→チューブクランプ解除→(引っ張りぎみに)溝に装着→たるみなし確認→ドアロックレバー押し
  4. 流量・予定量設定(複数看護師):
    流量設定スイッチON→表示部点滅→(∧(UP)、∨(DOWN))1時間流量(mL/h)入力→予定量設定スイッチON→(気泡防止のため→やや未満量)予定量(mL)設定
    →クレンメ全開→点滴筒滴下なし確認→留置針注入部消毒→輸液セット接続
    →開始前確認:処方箋(輸液ボトル・流量・予定量・滴下数)(滴下数制御型:滴下数とポンプ設定一致)・クレンメポンプの下・三方活栓の向き・刺入部(疼痛・発赤・腫脹・熱感・硬結)
    →開始スイッチON→確認(ブザー鳴・開始ランプ点滅・点滴筒滴下開始)
    [輸液ボトル交換:停止・消音スイッチ押し→輸液ボトルゴム栓アルコール綿消毒→びん針刺替え→積算量スイッチ長押し・積算量クリア→流量・予定量再設定→ルートチェック→開始スイッチ押し]
  5. 輸液終了:
    停止・消音スイッチ押(完了アラーム時2度押し)→クレンメ閉→(フリースロー注意)クレンメ閉後チューブ外し→扉開け→チューブクランプ解除→チューブ取り外し→扉閉・(電源スイッチ長押し)電源切→患者説明→薬液の付着:(微温湯浸)絞りガーゼで拭き取り