看護マニュアル - シリンジポンプ

シリンジポンプ

(1)物品
①注射処方箋②トレー③指示薬剤④表示用ラべル⑤シリンジ⑥注射針⑦アルコール綿⑧小膿盆⑨手袋⑩針捨容器⑪シリンジポンプ⑫延長チューブ⑬点滴スタンド
  1. 本体準備:
    (ポンプと刺入部:同じ高さ)シリンジポンプ固定→電源コード接続→コンセント差し込み→(電源プラグ接触後)手指消毒か手袋装着→バッテリー充電確認(長時間離室時コード持参・15時間充電3時間可能)→ポンプ電源スイッチON→セルフチェック確認(全ランプ点滅・動作インジケータ点滅・ブザー音)
  2. シリンジをセット:
    薬液充填済みシリンジと延長チューブ接続→クランプ引き上げ・回転→フランジ(つば)固定溝(スリット)入れ→はまり確認→クラッチ押し・スライダー移動→クラッチ放し・スライダーフックで押し子保持→クランプ回転(シリンジ固定)
  3. 流量・予定重の設定・早送り:
    シリンジポンプ停止確認→流量ランプ点滅確認→1時間流量(mL/h) 設定(①小数点と桁数・時間流量と積算量区別②ダブルチェック・処方箋・声出し・指さし)→早送りスイッチ押し続け→延長チューブ先端まで薬液・気泡除去→注入口消毒→延長チューブ接続
  4. 輸液開始前確認・開始
    ①シリンジポンプ:流量設定・高さ・セット方式・薬剤
    ②接続ルート:配合変化・適切ルート
    ③三方活栓:向き・ゆるみ
    ④刺入部:疼痛・発赤・腫脹・熱感・硬結
    →開始スイッチON→動作インジケータ緑色回転点灯確認→開始時薬液量に印付け(→定期的印付け)→出室時正常送液を声出し確認(輸液ルート・ポンプ・シリンジに薬剤名表示)
  5. 流量設定変更:停止/消音スイッチ押し・輸液ライン閉→(流量設定ダイアル)流量変更→クレンメ開放→開始スイッチ押し
  6. 輸液中シリンジ交換:停止/消音スイッチ押・輸液ライン閉→使用済シリンジ外し→延長チューブ接続・新シリンジセット→送液なし確認→早送りスイッチ押し・押し子とスライダー密着→送液患者側に切り替え→輸液ライン開放→開始スイッチ押し
  7. 輸液終了:(指示量注入確認)停止・消音スイッチ押す(→別ルート輸液ラインあればクレンメ閉)→(フリースロー注意)シリンジ取り外し→電源スイッチOFF(→別ルート輸液ラインあればクレンメ開)