看護マニュアル - 口鼻腔吸引

口鼻腔吸引

  1. 物品:①吸引器②口腔・鼻腔吸引用カテーテル(成人:14Fr程度) ③手袋(両手) 」④プラスチックエプロン⑤マスク⑥滅菌万能つぼ⑦水⑧アルコール綿⑨タオル⑩消毒薬(0.05%クロルヘキシジングルコン酸塩) ⑪ガーグルべースン⑫聴診器⑬処置用シーツ⑭ビニール袋⑮ティッシュぺーパー
  2. 吸引器準備:アダブター接続・吸引びん消毒薬注入(種類:説明書参照<ハイアミン・オスバン>、量はシールで印付け
  3. 説明と同意:事前説明・同意
  4. 吸引準備:石けん手洗→体位・べッド頭部挙上・頭部処置用シーツ・襟元タオル→顔横向け→ガーグルべースン→手袋両手装着→(吸引圧をかけず)カテーテル取り出し→吸引チューブ接続
  5. 吸引実施:(切り替えレバー開) 吸引圧設定→(水つぼ)カテーテル通水→(圧なし)挿入(口蓋垂刺激注意)→圧かけ吸引(往復不可:指こすり合わせ回転・引き:10~15秒以内)(鼻腔時:カテーテル外側アルコール綿清拭・通水→(圧なし)10cm→圧かけ吸引(往復不可:指こすり合わせ回転・引き:10~15秒以内)
  6. 後始末:カテーテル外側アルコール綿清拭→水吸引→消毒薬吸引→吸引器圧力調節OFF→カテーテル乾燥保管
  7. 状態観察:聴診・観察→終了告知→吸引物性状観察