看護マニュアル - 気管吸引

気管吸引

  1. 物品①吸引器②気管吸引カテーテル③滅菌手袋・滅菌鑷子④手袋⑤滅菌万能つぼ(2個) ・滅菌蒸留水(2個) ⑥水道水入り万能つぼ⑦消毒薬⑧アルコール綿(個別包装) ⑨カフ圧測定器⑩聴診器⑪パルスオキシメーター⑫小膿盆・ガーグルべースン⑬プラスチックエプロン⑭マスク⑮ゴーグル(推奨→閉鎖式気管吸引:開放式気管吸引→人工呼吸器装着中は推奨されず)
  2. 説明・同意:「苦しい!」合図設定
  3. 準備→石鹸手洗→胸元タオル・小膿盆→カフ圧測定→パルスオキシメーター測定→カテーテル開封→(滅菌)手袋→力テーテル取り出し→(カテーテル・吸引器チューブ)接続→ダイアル回し・吸引圧UP→カテーテル折り曲げ吸引圧確認(150mmHg(20kPa)以下)→滅菌蒸留水ふた開→滅菌蒸留水吸引(滅菌蒸留水:吸引前と吸引後二つ用意)
  4. 実施→人工鼻外し→(圧なし)挿入→圧かけ吸引(指こすり合わせ回転引き・10~15秒)→圧力調節OFF→人工鼻装着→鼻腔・口腔内吸引→カフ圧確認(15~22mmHg(20~30cmH2O))→パルスオキシメーター酸素飽和度測定・状態観察
  5. 後始末:①(カテーテル一回毎廃棄)使用済みカテーテル連結チューブから取り外し→連結チューブ通水洗浄→手袋・カテーテル廃棄
    ②(カテーテル数回使用時):カテーテル外側アルコール綿ふき取り→滅菌蒸留水(吸引後用)吸引・内腔洗浄→再度吸引時同手順繰り返し→カテーテル内腔消毒液通水→カテーテル乾燥→乾燥滅菌万能つぼまたは消毒液浸し
  6. 状態観察:胸郭運動左右差なし確認→カフ圧測定→呼吸音聴診→分泌物除去確認→ 痰(量・色調・粘稠度)観察・記録→終了告知
最近は鼻腔→口腔→カフ上部→気管の順に変化:口腔・カフ上部と気管吸引カテーテルを分別する:
  1. 口腔、鼻腔、カフ上部吸引を行い、手袋を外す。
  2. パルスオキシメーターで経皮的酸素飽和度を測定する。
  3. 使い捨て手袋を利き手でない方に装着する。
  4. 消毒用アルコール綿と滅菌蒸留水を開封する。
  5. 吸引器を作動させ、コネクティングチューブをふさいだ状態で、100~120mmHg未満に吸引圧を調整する。カテーテルのコネクタ部分のみを開封し、コネクティングチューブに接続する。
  6. 利き手に滅菌手袋を装着し、カテーテルを清潔に取り出して持つ。
  7. 100%酸素で30秒以上、介助者によりジャクソンリースを用いた換気を行う。もしくは、 人工呼吸器による100%フラッシュを行う。
  8. 吸引カテーテルに滅菌蒸留水を通し、吸引圧を確認する。
  9. 陰圧がかからないようにカテーテルを折るか陰圧調整口を開放し、清潔操作で気管内チューブに挿入する。
  10. カテーテルは痰が十分に吸引できる位置まで挿入する。経口・経鼻挿管の場合、30~40cm、気管切開の場合、12~15cmを目安とする。気管支分岐部に当たったら1~2cm引き抜いた位置とする。
  11. 陰圧をかけ、指をこすり合わせるようにし、カテーテルを回転させ引き抜きながら吸引する。吸引時間は10~15秒以内とする。
  12. 吸引終了後、人工呼吸器を装着している場合は、人工呼吸器の回路を再接続する。100%酸素で30秒以上、介助者によりジャクソンリースを用いた換気を行う。もしくは、 人工呼吸器による100%フラッシュを行う。
  13. カテーテル外壁に付着した分泌物を消毒用アルコール綿で拭く滅菌蒸留水を吸引し、カテーテル内腔を洗い流す。吸引カテーテルは処置ごとに使い捨て、口や鼻に使用した吸引カテーテルや蒸留水は気管用には使用しない。
  14. カフ上部吸引を行い、必要に応じて口腔、鼻腔吸引を行う。
  15. 吸引器を停止させ、コネクティングチューブとカテーテルの接続を外す。
  16. カテーテルをまとめて握り、カテーテルを包み込むように手袋をはずし、手袋ごと破棄する。そのあとで、エプロンをはずす。